ご宗派のご本尊と祀り方

ご本尊様について

ご本尊様は各宗派によって違います。

仏教はインドのお釈迦様によって説かれ、その後、二千五百余年もの長い時をかけ、また数多くの人々により中国・朝鮮とわたり日本に伝えられました。
そして、その時代の流れのなかで姿を変え、形を変えながら今日のようなさまざまな宗派が生まれました。
しかし、すべて宗派の根源お釈迦様であり仏教の根本的な考えはみな同じなのです。
時代の中でそれを受け入れた宗祖の考えや教義に合わせてご本尊様も宗派により違いが生まれましたが、ご本尊様はそれぞれの宗派の象徴であり、重要な意味をもっています。

浄土真宗本願寺派浄土真宗大谷派曹洞宗
浄土宗日蓮宗真言宗
天台宗臨済宗

お仏壇の中心にはご本尊様をお祀りします。

わたしたちの住む家には、そこに住む人たちの心のよりどころの場というものが必要です。
お仏壇はご先祖をお祀りするだけでなく、その家の信仰する宗派のご本尊様をお祀りするところでもあります。
仏教では、常にご本尊様が信仰の対象となりますから、必ずお仏壇の中心にご本尊様を安置します。
お仏壇に向かって祈念することは同時にご本尊様に礼拝することになり、人の心は慰められ生きていく力をいただくことができるのです。

ご本尊様の形にはお仏像だけでなくお掛軸があります。
一般的にはお仏壇の中央にご安置します。新しくお求めになられたときには「開眼供養」・「入仏慶讃法要」等をおこないます。

この他にもたくさんのご本尊様・ご宗派があり、それぞれにお祀りの仕方が異なりますから、詳しくはお寺様又は販売店におたずねください。